脱税規制強化へ、スワンナプーム空港の荷物引取場にスキャナー設置

関税局は6日、脱税への規制強化のため、スワンナプーム国際空港の荷物引取ターンテーブルにスキャン機器を設置する。2020年から稼働を開始する予定。2万バーツ以上の荷物を発見した場合、税関で納税を即時請求する。(タイラット)
https://www.thairath.co.th/news/business/1654443?fbclid=IwAR1jieZGBOB1aFXbwNQkjByUbuEFqe04-zXjQtucWBcmgCzYOhO-1jBNDgc