都内交差点に、信号無視を取り締まる監視カメラを設置

タイ警視庁は1日、横行する信号無視を防止するためのソフトウェアシステム「Red Light Camera System」の開発が完了したと発表。昼夜問わず正確に違反者の顔を判別できる高画質カメラを搭載し、すでにアソークやサトーンなど約30の主要交差点に設置済だという。また、設置後の同日15時までの間に538台の違反車両が検挙され、前日よりも43%ほど減少しているとのこと。(バンコク・ビズ)
https://www.bangkokbiznews.com/news/detail/845795