在タイ日系企業のDIが7期ぶりマイナス

在タイ日系企業のDIが7期ぶりマイナス

日本貿易振興機構(JETRO)は6日、バンコク日本人商工会議所(JCC)の所属企業を対象に実施した景気動向調査の結果を発表した。それによると、2019年上半期の景気動向指数「DI」(「景況感が良くなる」と答えた企業と「悪化する」と回答した企業の割合の差)がマイナス8となる見通し。前期は18で、DIがマイナスに転じるのは7期ぶり。JETROによると、中国の景気低迷や米中貿易摩擦、バーツ高が主因とみられる。(プラチャーチャート)

https://www.prachachat.net/world-news/news-357705