観光庁のユッタサック総裁は13〜17日の間、タイ人全人口の3%が旅行したと発表した。前年同期の7%から下がった。今年は15日が休日ではなく、去年のように連休ではなかったことが原因とみられる。旅行者数は297万人、総支出額は95億バーツと見込む。人気の旅行先はカーンチャナブリー県やチョンブリー県、バンコク都。なお、バーツ高が寄与し、海外旅行に行く人は増えたという。(カオソッド)

หยุดยาวเข้าพรรษา ไม่คึกคัก ททท. คาดใช้จ่ายท่องเที่ยว 9.5 พันล. – บาทแข็งคนไทยหนีเที่ยวนอก