民主政治求める学生運動が急拡大 SNSのハッシュタグで“共鳴”

新未来党の解党処分を受け、タイで学生運動が加熱している。

全国の大学生が相次ぎSNSで「独裁反対」「民主政治を支持」と投稿したり、大学内で「思想の自由」の保護を訴える政治集会を行ったりしているという。

チュラロンコン大学の学生らは、同大学のスローガンが「国の柱」であることからハッシュタグ「#チュラ大の柱はもう傾かない」を付けて、民主政治を求めるコメントをSNS上に発信。チェンマイ大学の学生らは同大学のシンボル「白象」に掛けて、「#白象はもう我慢しない」のハッシュタグと共にメッセージを投稿している。

この他にも約30校の大学で、各校独自に民主政治を求めるハッシュタグが作られているもようだ。(プラチャーチャート)

https://www.prachachat.net/social-media-viral/news-424798