日本からの渡航者にも検疫強化

在タイ日本国大使館は18日、日本とシンガポールからの入国者と過去14日以内にこの2国に滞在した渡航者に対して、タイ保健省が検疫を強化すると発表したことを明らかにした。

新型コロナウイルスの感染拡大抑制が目的。対象者のうち、体温が37.5度以上で、咳や鼻水、喉の痛み、頻呼吸、呼吸困難のいずれかの症状が空港の検査で認められた場合、タイ国内の病院でウイルス検査を受ける必要がある。

同省は既にこの2国に加え、中国や香港、マカオ、台湾にも同様の措置をとっている。

同大使館は「タイに滞在中の方、またはこれからタイへの渡航などを考えている方は、新型コロナウイルスに関する外務省海外安全ホームページ(HP)や当大使館HPをチェックするなど、最新情報の収集に努めてください」と呼びかけている。

(在タイ日本国大使館)

https://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20200218.html