子どもが焼き鳥の火を起こし 畑1万6千㎡が燃える

南部・サトゥーン県で1日、地元の子どもたちが焼き鳥を作るために起こした火が原因で、畑1万6000㎡が燃える火事になった。

乾季で火が回りやすいことが、被害拡大の一因とみられる。

幸いにも、火の手は収穫前の畑に移る前に消防隊によって鎮火。

ケガ人もいなかったという。

官公庁は国民に向け、畑や森で火を起こさないように注意喚起した。

違反すると罰金などが科される。(3日=サヌック)