3カ月で13人が死亡 「未亡人幽霊が連れていく」

ナコーンラーチャシーマー県にあるタールアン村で、3カ月の間に13人が死亡した。

死亡者のほとんどが男性だったため、村では「心寂しい未亡人の幽霊が死の世界に連れていく」との噂が広がっている。

地元テレビ局の取材によると、13人が死亡したのは昨年11月から今月にかけて。

村人らは、古くから魔除けに効くと信じられている赤い服を家の前にかけているという。

取材では、幽霊がなぜ未亡人なのかや、赤い服についてなど聞いて回ったものの明確な回答は得られなかった。(19日=サヌック)