政府がマスクメーカー10社に増産要請

国内商取引局は27日、コロナウイルスと微小粒子状物質(PM2.5)の対策として、マスクメーカー10社に増産を要請した。マスクの供給不足を防ぐのが狙い。また、マスクの価格を不当につり上げたり、買い占めしたりする行為には法的措置がとられる。

マスクの需要増加に伴い、ウイルスやPM2.5の吸入を防ぐ「防じんマスク」の偽商品も一部で販売されているもよう。警察は27日、「3Mブランド」のコピー商品を販売したとして、チャチューンサオ県にある小売店を逮捕。同店では防じんマスクなどの228つのマスクを所持していたという。(ターンセッタキット、タイラット)

https://www.thansettakij.com/content/419969

https://www.thairath.co.th/news/crime/1757866