ノンタブリー県に大麻クリニックが開設

保健省は6日、ノンタブリー県にある同省内のタイ保健・伝統医療美術館に大麻クリニックをオープンした。

同省のアヌティン大臣によると、同クリニックでは大麻を偏頭痛や不眠症、関節痛などへの治療薬として活用。治療に大いに貢献すると判断すれば、大麻を国民医療保障機構(NHSO)の国家必須医薬品として登録するよう目指すという。

なお、同クリニックは毎日午前8時30分〜午後3時30分まで営業。6〜17日は1日に300人の患者を受け付け、以降は1日200人を受け入れる予定。(マネージャーオンライン)

https://mgronline.com/politics/detail/9630000001278