バイオディーゼル燃料「B10」の販売開始

エネルギー省は1日、軽油にパーム油を10%混ぜた「B10」の販売をPTTガソリンスタンド「ウィパワディー11支店」などで販売を開始した。3月1日からは全国で販売される予定だ。

B10が普及すれば、微小粒子状物質(PM2.5)の排出量を約5%削減できる他、パームの生産者支援にも繋がると期待されている。1リットル当たりの燃料コストも、従来の燃料である「B7」より2Bほど抑えられる見通しだ。同省はB20の消費量が1日当たり約700万リットルになるとみる。(バンコクビズ)

https://www.bangkokbiznews.com/news/detail/860341