年末年始に事故が起きやすい国道43本を公表

国道局のサラウット局長は24日、年末年始に事故が起きやすい全国43本の国道線路を発表した。

それには、パトゥムターニー県の国道305号線、アユタヤ県の3263号線、チョンブリー県の高速道路7号線(モーターウェイ)、ナコーンラーチャシーマー県の2号線、チェンマイ県の11号線、コンケーン県の208号線などが挙げられた。

同局は事故防止のため、検問所を増やす他、「長時間運転する場合は2時間おきに休憩するように」と呼びかけた。(タイラット)

https://www.thairath.co.th/news/business/1733558?fbclid=IwAR18ubY_mcgJyi9W0Xh8TCke76nAGdE_1LUAePNjwHgS94OrXMpkLUVTSGk