パトゥムターニー県の学生、同級生の首を刺す

パトゥムターニー県の有名公立高校の食堂で20日、高校3年生の男子生徒が同級生の男子学生の首を割れた瓶で刺し、重傷を負わせた。

加害者の生徒は警察に対し、「自分の好きな女子生徒の隣に座っていたから」と理由を説明。同生徒は2週間の出席停止処分となった。(サヌック)

https://www.sanook.com/news/7989658/