年末年始の国内線航空券、最大で3割高に

タイPBSニュース局では、今年12月28日から1月1日にかけてのタイ国内線の航空券代価格を独自に調査。

これによると、エアアジアが運航するバンコク−ナコーンパノム線が通常価格より約6,400 Bほど値上がりしたのを筆頭に、バンコク−ナーン線、バンコク−サムイ島線でも2倍程度高騰していることが判明した。

観光や帰省による需要増と、エアアジアやバンコク・エアウェイズの1社のみによる路線運航が要因と見られている。(タイPBS)

https://news.thaipbs.or.th/content/287297?fbclid=IwAR2oS9DiG7qANjVm-2gwoQ7iWfl3cKHD5b-Eg20p6H7-oI96hKA5IafM4-o