ダム4箇所の使用可能貯水率、26%まで低下

灌漑局は14日、チャオプラヤー川周辺のダム4箇所の貯水率を発表。

総貯水率は46%で、使用可能貯水率は26%と低水準で、同局は国民に対し節水するよう呼びかけている。北部ターク県にあるタイ最大の「プミポンダム」は総貯水量が57億㎥(使用可能貯水量:19億㎥)、ウッタラディット県の「シリキットダム」は同49億㎥(同:21億㎥)、ピッサヌローク県の「クウェーノイダム」は同4億6200万㎥(同:4億1900万㎥)、パサック県の「パサックダム」は同2億8000万㎥(同:2億7700㎥)(スプリングニュース)

https://www.springnews.co.th/thailand/587013