アトラクションで子4人けが 安全装置外れ、スタッフ逃走

ロッブリー県で11月30日に開かれたイベントで、クレイジーウェーブと呼ばれる大型アトラクションに乗った子ども4人が転落し、けがを負って病院に搬送された。

警察は、安全装置が外れていたことが原因とみて詳しく調べている。

担当のスタッフは事故直後に逃走した。

警察などによると、同アトラクションは座席が円周上をハイスピードで動く絶叫マシン。

定員は18人で高さ6mにまで達する。

乗り物が作動後、安全装置が外れて乗っていた子どもたちが飛ばされたという。

乗り物を操作していた担当スタッフが安全装置をかけ忘れた人的原因とみられる。

アトラクションの管理会社は、けがを負った子どもたちの家族に対し、賠償金を支払う意向を示している。

一方、警察は逃走しているスタッフの行方を追うとともに、アトラクションの運営に違法性がなかったかなどを調べている。(1日=カオソッド)