一部路線で運賃値下げへ バンコク・メトロ、来年から

タイの地下鉄を運営する「タイ高速度交通公社(MRTA)」は来年、パープルライン(タラート・バンヤイ〜タオプーン駅間)とブルーライン(全駅)の運賃を一部値下げすることを明かした。

ブルーラインでは、観光業活性化などを目的に同区間内で特別価格を設定。

パープルラインでは、通勤・通学ラッシュ以外の時間帯で運賃を値下げするという。

どちらも年明けに始める予定で、利用者の増加を図りたい考えだ。(11月20日=タイラット)