夜に森から子どもの泣き声? 有名心霊スポット、村人困惑

プラーチーンブリー県警に今月上旬、夜に森の中から子どもの鳴き声が5日連続で聞こえるとの通報が入った。

警察は17日夜、森を捜索したが、子どもの姿は見つからなかった。しかし、この場所は県内有数の心霊スポットとして知られ、付近には精霊の祠(ほこら)や捨てられた仏像が多数並んでいる。

現場は同県内にある村の入口付近。

毒ヘビも多いため、近寄る人はほとんどいないという。

しかし、周辺では「白い服を着た女性の幽霊を見た」などという目撃情報が寄せられている。

村人によると、最近では昼夜問わず子どもの泣き声が聞こえる他、子どもに話しかける大人の声も耳にするという。

村人は霊能者と共に祠や仏像を撤去した。(17日=カオソッド)