ヤラー県で武装集団が銃乱射 巡回の自警団員ら19人死傷

テロなどが多発する南部ヤラー県ヤラー市で6日、武装集団による銃乱射事件が発生自警団員ら14人が死亡、5人が重傷を負った。

調査によると、監視のために巡回していた自警団に武装集団が近付き、突然銃を乱射。

自警団は反撃できず、多くの死傷者を出した。

現場周辺には釘が置かれていた他、タイヤが燃やされていたという。

武装集団の人数は不明で、警察は引き続き警戒している。(タイPBS)