外国人男性が歩行者に無配慮な運転手に激怒

14日、陸運局内の横断歩道を渡ろうとしていた外国人男性が車と接触しそうになり激怒。横断歩道に居座ったまま警察を呼び、徹底的に裁判で争う姿勢を見せたことがSNS上で話題になっている。

男性は車が止まる気配を見せなかったことに憤怒。運転手は車を止めて謝罪したものの、男性の怒りは収まらなかったという。通常、タイでは歩行者と車が接触しそうになっても運転手が謝れば大方の場合は事態が収拾する。しかし、今回はそうならなかったため注目が集まっているようだ。(onenews31)

https://www.facebook.com/onenews31/videos/vb.1121281977960276/2656560654423554/?type=2&theater