ドローンや人工衛星を活用森林の管理で、情報共有も

政府は1日、国内の森林管理にドローンや人工衛星を導入すると発表した。

これにより森林の観察や管理がしやすくなり、他省庁と情報を共有できるようになるという。

政府は現在の法律を見直し、国産木材を海外に輸出することも計画しているという。

林業従事者や関連企業を支援し、収入の増加を図る考えだ。

これに併せ、植樹活動なども推進していく。(タイPBS)