TNSC、来年輸出0〜1%増の観測

タイ国荷主協議会(TNSC)は5日、9月の輸出額が前年同月比1.4%減の204億ドルだったと発表した。世界経済の低迷や米国からの一般特恵関税制度(GSP)の一部停止などが原因とみられる。

一方、来年は東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の締結が予想されるため、輸出額が0〜1%増になるとの見方を示した。(バンコクビズ)

https://www.bangkokbiznews.com/news/detail/853334?utm_source=category&utm_medium=internal_referral