野生に帰したゾウに弟誕生 群れで元気に生活し成長

ナームトックガーオ国立公園は、同公園で保護した後に野生に帰したゾウ「ブンマーク」の弟が生まれた可能性が高いと発表した。

ゾウはまだ1歳ほどの子どもで、群れの中で元気に暮らし、順調に成長しているという。

同公園がインターネット上で、小さなゾウの写真を掲載するとともに「11頭だったゾウに仲間が1頭増えた」と紹介した。

ブンマークは昨年、チュムポーン県の岬から転落し、群れからはぐれて迷子になっていたところを同公園が保護。

しばらくして母親とみられるゾウが探しに来たため、群れに戻したという。(タイPBS)