ストレス調査、タイは世界23カ国中第5位

米国保険会社「シグナ・グローバル」が世界23カ国を対象に実施した調査によると、調査対象の84%がストレスによる健康被害を受けていたと判明した。

最も健康被害を回答したのは韓国で97%。2位は台湾の96%。

タイは91%で世界第5位だった。うち7%はストレスマネジメントが不可能と回答。また、最も被害の多かった年齢層は35〜49歳で、自分や家族の生活を負担すること対してプレッシャーを感じていることが原因という。(Brandbuffet)

https://www.brandbuffet.in.th/2019/11/thailand-top-5-stress-countries-by-cigna/