3連休で18億B利用 決済アプリ、現金レス浸透

政府は今月12~14日の連休期間中、自らがリリースした決済アプリ「PAOTUNG」の利用額が約18億バーツを上回ったと発表した。

タイ人に対する国内観光施策「シム・ショップ・シャイ(食事・買い物・利用)」プロジェクトが好影響を与え、キャッシュレスの浸透にも繋がったとみている。

政府によると、同アプリの利用額は3連休で合計18億4,200万バーツ。

都内のデパートの他、観光地のレストランなどでの利用が多かった。

地域別ではバンコクがトップで、チョンブリー、サムットプラーカーン県と続いた。

キャッシュレス決済は近年、都市部の大型商業施設などに限らず、地域の小型店での導入も増えているという。(サヌック)