島から持ち帰った石を返却 不幸続き、呪いの言い伝えも

タルタオ国立公園のヒンガーム島から石を持ち帰った観光客が、不幸や災いが続いたため石を返却したいという謝罪の手紙と石をSNSに投稿し、話題を集めている。

同島は土地の精霊「チャオポー・タルタオ」により守られ、石を持ち帰った人は呪われるという言い伝えがある。

また、同島には白砂のビーチはなく、丸い石が覆うビーチになっているのが特徴。

同公園によると、毎年、記念として石を拾って持ち帰ったものの返却を希望する観光客がいる。

石を持ち帰った人は呪われ、交通事故に遭ったり、会社を解雇されるなどの不幸に遭うと言われている。(12日=グラプック)