カオヤイ国立公園の滝で野生の象6頭が転落死

5日朝6時、タイ中部・カオヤイ国立公園の観光スポットである「ヘウナロック滝(地獄の淵)」で、野生の象6頭が死んでいるのが見つかった。

救助活動のため、一時的に滝への立ち入りが禁止された。

公園当局によると、同日3時ほど、象が激しく鳴いているとの通報があり、調査を行ったところ、死亡した象が滝の底から見つかったという。

なお、付近には同じ群れの生き残りとみられる2頭が発見された。(タイラット)

https://www.thairath.co.th/news/local/east/1676308