停電でロウソク、部屋が全焼 タイ風焼肉食べている間に

アユタヤ県内で9月27日、賃貸アパートで大規模な火災が発生。出火元の部屋が全焼した。

当時、停電のため住民の男性が家の中でロウソクに火をつけたものの、そのまま外出。

屋外でタイ風焼肉「ムーガタ」を食べていたところ、気付かないうちに火が燃え広がったとみられる。

住民5人がケガを負ったが、命に別状はなかった。

警察によると、同日夕方に停電し、周辺の住民がロウソクに火を灯していたため、男性も同様にろうそくを使用したという。(タイラット)