PM2.5対策へ、4mのタワー型空気清浄機を設置

バンコク都のアサウィン知事は2日、PM2.5による大気汚染を緩和するため、BTSサイアム駅を皮切りに、都内に高さ4mほどのタワー型空気清浄機を設置すると発表した。

この空気清浄タワーはカセサート大学をはじめ、民間企業などの協力を得て建造される。

まずはBTSサイアム駅で試験的に設置し、効果があれば、都内各地へ広げるという。

建設予算は1基あたり約530万バーツとなる見通しで、都は同機設置に向け、総額約1億2,000バーツの予算を投じる方針だ。(MCOT)

https://www.mcot.net/view/5d942f2be3f8e40b3139d843