スーパーで客が次々にショッピングカートを放置、原因は1,000B支給政策

政府がアプリを通じて国民1000万人に1人1,000バーツを支給する「シム・ショップ・シャイ」政策が実施されている中、29日夜、アプリに不具合が発生した。

利用者が集中したことから、同日夜にアプリが利用できなくなったもよう。

大手スーパー「テスコ・ロータス」ラクシー店では、支払いができなかったために、多くのショッピングカートが商品の入ったまま置き去りにされていた。

その様子を収めた写真はSNSにも投稿され、店への迷惑行為を批判するコメントが殺到している。
(マティション)

https://www.matichon.co.th/social/news_1692049