狂犬病による死亡者が大幅減 ワクチン接種が浸透

疾病予防局などは9月19日、狂犬病に感染したヒトの死亡者数が過去5年間で減少していると発表した。

感染後にワクチンを接種した人が1.6倍近く増えた他、イヌやネコに対する予防接種や狂犬病の疑いがある動物を集めて診断していることなどが主因とみている。

同局によると、今年1〜8月の狂犬病が原因で亡くなったのは、スリン県とナコーンシータンマラート県内の計2人。

過去最多の1980年には年間で370人が死亡しており、大幅に減少する結果となった。

ワクチン接種者は55万人を超え、去年を大きく上回っている。

同局は今月28日の「世界狂犬病デー」に合わせてイベントを開くなどして周知を図っている。(マティション)

※画像はイメージです。