政府、被災者支援を最優先に  台風被害で食料供給や支援金

タイを直撃した大型台風の被害を受けた被災者に対し、首相府のナルモン広報担当は、プラユット首相が最優先で支援や復旧に取り組む姿勢を示していることを明かした。

政府は被災地に設置する避難所を増やす他、食料品や飲料水の配布、医療などを支援。

洪水の被害に見舞われた32県の41万世帯に対して救済を進めると共に、水が引き次第、復興活動にあたるという。

また、被災者に対する支援金予算も確保。

家屋が全壊の場合は20万バーツ、一部損壊には最大7万バーツを給付する。

タイ農業協働組合銀行やタイ政府住宅銀行など金融機関も支援を実施し、団体などからの寄付については被災者に確実に届くよう各地に委員会を設置し、受け付けている。(デイリーニュース)