カテゴリー

タイに現地法人を設立

大日本住友製薬(大阪市)は4日、2019 年4月に、東南アジアにおける活動拠点としてシンガポールに設立し、100%出資の子会社である Sunovion Pharmaceuticals Asia Pacific(サノビオン・アジア・パシフィック社、以下SAP社)の機能を強化すると共に、名称をSumitomo Pharmaceuticals Asia Pacificに変更。それに併せてSAPの子会社としてタイに Sumitomo Pharmaceuticals (Thailand) を設立したと発表した。