三菱ケミカル

三菱ケミカル

タイ工場で生産された生分解性ストロー
日本で初めて、京急グループが採用

三菱ケミカル(東京都)の生分解性プラスチック「BioPBS™」を用いたストローが、京浜急行電鉄(東京都、以下「京急電鉄」)及びそのグループ会社(以下京急電鉄と総称し「京急グループ」)が運営する施設において、4月1日から使用されたと発表した。BioPBS™を用いたストローが実店舗で使用されるのは、日本で初めて。

BioPBS™は、同社が開発、基本特許を有し、タイPTT Global Chemical社が折半出資するPTT MCC Biochem社(バンコク)が製造する植物由来の生分解性プラスチックで、自然界の微生物によって水と二酸化炭素に分解されるため、自然環境への負担が少ないという特徴を有しているという。

京急電鉄は、神奈川県とSDGs推進に向けた連携協定を締結しており、神奈川県が推進している「かながわプラごみゼロ宣言」に県内事業所を持つ京急グループ全社で賛同し、エコバック配布によるプラスチックごみ削減などの活動に積極的に取り組んでいる。今回、京急グループ各社が運営する飲食店や百貨店、ストア業、ホテル等の13社68施設において年間約16万本使用するストローを、BioPBS™を用いたストローに切り替えることで、更なるプラスチックごみの削減が図れる。

ストローが使用される施設の一例(観音崎京急ホテル)