タイの訪日旅客数113万人 – Japan Tourism Award in Thailand 2018

タイの訪日旅客数113万人 – Japan Tourism Award in Thailand 2018

タイの訪日旅客数113万人
Japan Tourism Award in Thailand 2018

 「日本政府観光局(JNTO)バンコク事務所」は23日、訪日旅行の促進に貢献した企業や団体へ贈る「Japan Tourism Award in Thailand 2018」を開催。特別賞、トップエージェント賞、コンテンツ賞を表彰した。

 今年で9回目となる同アワードは、2010年に同バンコク事務所の創設50周年を記念して創設。昨年はタイの訪日外客数が113万人(前年比14.7%増)となり、東南アジアで初の100万人を突破する記念すべき年となった。小沼英悟同所長は「一時的に訪日旅客数増の成長度合いが鈍化しましたが、17年10月に国際民間航空機関(ICAO)がタイの航空当局に出していた『重要な安全上の懸念』の解除により、18年は航空各社による日本向け航路の新規就航や増便が相次いだことと、旅行会社各社の魅力ある商品開発が要因と考えられます」と言及。続いて登壇した、在タイ日本国大使館の佐渡島志郎・特命全権大使からも「2018年は記念すべき年となりましたが、まだまだ日本には魅力ある地域があります。グルメで言えば、福島県の喜多方ラーメン、琵琶湖のしじみを使ったしじみカレー、私の出身でもある福岡県の鶏の水炊きをぜひ試してほしい」と、会場のタイ観光関連事業者にアピールした。なお、18年の訪日外客数は3119万2000人(同8.7%増)で、JNTO が統計を取り始めた1964年以降、最多を記録したという。