日本政府観光局(JNTO)

2月訪日タイ人10万8千人(31.4%増)

日本政府観光局(JNTO)は3月19日、2019年2月のタイからの訪日旅行者が10万7800人(前年同月比31.4%増)だったと発表した。新規就航や増便により航空座席供給量が前年同月と比較して大きく増加したことに加え、昨年は3 月にあった祝日が今年は2 月19 日(火)となり連休を取得しやすい日並びがあったこと、旅行博でのPR や、冬コンテンツの情報発信・広告宣伝等の継続的な訪日旅行プロモーションが、高い伸びに繋がったという。

これで今年1~2月の累計は20万400人(前年同期21.7%増)となり、初めて年間100万人を突破した昨年以上の推移を見せている。

一方、同月の日本を訪れた外国人数は同3.8%増の260万4300人だった。1〜2月の累計は同5.6%増の529万3700人。その他、2月の訪日旅行者数(国別)は1位が中国で72万3600人(同1%増)、次に韓国71万5800人(同1.1%増)、台湾39万9800人(同0.3%減)、香港17万9300人(同0.5%増)、タイ10万7800人(同31.4%増)、米国9万2700人(同13.2%増)と続いた。