日本航空

日本航空

新LCC子会社が成田―バンコク線

日本航空(JAL)が100%出資して設立した国際線中長距離LCCを運航するティー・ビー・エル(T.B.L)は8日、社名を「ZIPAIR(ジップエア) Tokyo」とすると発表した。2020年夏ダイヤで成田−バンコク、成田−ソウルの2路線の就航を目指し、準備を進めているという。

名称は、英語で、矢などが素早く飛ぶ様子を表した擬態語“ZIP”から生まれた造語で、「フライトの体感時間が短い」エアラインであることを表現。また、“ZIP CODE”(郵便番号)が持っている「さまざまな場所に行ける」というイメージや、デジタルファイルフォーマットの“.zip”のイメージを盛り込み、「至る所に日本人らしい創意工夫を施し、計算し尽くされた移動体験を目指す」という想いを込めたという。