カテゴリー
J-Plan Holiday

日本に特化したツアー会社
「タイ人に日本の田舎を紹介したい

Managing Director
Mr.Patana Nitipatanapanya
パタナ・ニティパタナパンヤー


訪日需要が高まる昨今、日本向けツアーに特化した旅行代理店J-Plan Holidayの創業者パタナ・ニティパタナパンヤー氏にインタビューした。

日本旅行専門と伺いました
設立は2004年です。当初は、普通の旅行代理店でしたが、日本好きが興じて日本ツアーに特化した会社にしようと決めたんです。今でこそ、今年は100万人を突破すると言われる訪日需要ですが、当時、日本を訪れるタイ人は年間2〜3万人程度でした。

タイでは圧倒的に個人旅行が多いそうですね
仰るとおりです。全体の7割以上が個人です。その比率は今でも増えています。それでも、弊社の取り扱いで言えば、個人旅行客は、飛行機や電車のチケット関係での問い合わせ程度で、収益の大部分を占めるのは年間2000人の団体客ですよ。半分以上は、リピーターですから、満足度は低くないと思っています。残りの半分は、初めての日本旅行としてツアーを利用するお客様です。2回目以降は、自らチケットを取る、個人(FIT)旅行者になります。ですから、ツアー客(リピーター)の多くは40代以上のエグゼクティブ層ですね。後は、数百人規模で行く、社員旅行や成績優秀者向けのインセンティブ旅行です。

J-Plan Holidayの強み
クリエイティブ力ですよ。ツアーには、交通、衣食、アクティビティなど、すべてが含まれています。例えば、日本に行くのであれば、東京、富士山、箱根、デイズニーランド、京都、奈良、大阪など有名どころなど、すべてを盛り込みます。ところが、子どもであれば、ディズニーランドは楽しいでしょうが、お年寄りの方であれば、もっと地味で文化・風習を感じたいと思うでしょう。買い物もそうですね。グループツアーだと、どうしても自由が効かず、すべての方の満足度を高めることはできません。ですから、最初に取り組んだのが、ターゲット別のツアーを組みました。子どもや家族向けであれば、遊園地に特化したツアー、寺社仏閣を巡るツアーといったように、コンセプトも「好きなものだけ」とし、行く人だけが満足するツアーを作りました。

世代別の日本旅行の考え方を教えてください
20代の若者にとって観光先はそれほど重要ではありません。日本へ行くこと事態が重要なのです。いかに安く抑えるかです。逆に、40代の方々は複雑ですよ。大人だけもいれば、家族連れもいます。 家族を喜ばせることがメインですので、無理難題が多いですね。最後にエグゼクティブ層は、質の高さを求めますので、つまり最上級な旅行です。実は、これが一番、立てやすいプランです。

今人気のツアーは?
今最も人気なのは伊豆半島です。多くのタイ人は、すでにゴールデンルート(東京—富士山—大阪)を知っています。ただ、ご存知の通り、このルートは伊豆半島も通ります。そこで、ゴールデンルートに伊豆半島を加えてみました。すると、多くのゴールデンルートが山梨県側からの富士山を見ますが、伊豆半島からであれば、静岡県側からの富士山です。この特別感を経験したタイ人は、皆にこう言うんです。「富士山はどっち側から見た?自分は静岡県側から見た」と、多くの人が山梨県側から見ることを知って、自慢するわけです。

その他のトレンドは?
東京は変わらず大人気です。交通の便から上野、新宿に泊まる人が多いですが、弊社ツアーには、買い物好きは渋谷、ブランド好きは銀座と、好みに合わせた宿泊先を用意しています。また、北海道人気も高いですね。5年ほど前までは、冬の北海道で雪まつり、カニやウニを食べて、スキーを楽しむのが定番でしたが、最近は、夏の北海道が人気です。

タイ人にとって欧州も人気のようですが
タイ人にとって欧州も人気旅行先ですが、食事が合わない、古いホテルが多い、ショピングする場所が少ないといったことで、リピーターが少ないんです。その点、日本はすべてが揃いますし、何度行っても、行き先や目的を変えることで、何度も楽しめるのが日本なんです。旅とは、非日常を体験することに加えて、その国の町や田舎といった各地域の文化・風習を体感するのが醍醐味ですから。

会社を訪日専門にし、「マジで!JAPAN」のタイトルで、日本紹介番組まで作る自他共に認めるニッポン大好き男!


J-Plan Holiday
02-168-7722
10/45,1A Fl., The Trendy Plaza, Sukhumvit 13 Rd., Wattana, Bangkok 10110
www.j-plan.co.th
E-mail : center@j-plan.co.th