次世代の“品質経営”に
頼れるISO認証パートナーを

企業紹介

ASEAN諸国を牽引する製造・輸出大国タイにおいて、顧客のニーズを満たす高度な品質マネジメントや事業システムの維持は、決して欠くことのできないCSR(企業の社会的責任)だ。これらの課題を解決する有効手段として、世界的に浸透するのが「ISO認証」である。

現在、ISO9001(品質マネジメントシステム)は世界で約120万社、タイでは1万社が取得。米国本社を軸に、2002年にタイに進出した「ペリー ジョンソン レジストラー」では、米国や日本で培ったノウハウを活かし、通算1000社を上回る取引実績を誇る。“ISO取得は品質経営の第一歩”と語るのは、同社を率いる伊藤信行ジェネラルマネージャー(GM)。「BOIは2000年、創業後2年以内にBOI企業がISOを取得しない場合、さまざまな恩典を取り消すと通達。これによりISOは、タイ進出の絶対条件となりました。モノづくりの国だからこそ、企業と製品の信頼性を裏付ける国際規格が求められるのです」。

製造業の他、航空機分野の拡大も見込まれるタイ。業界で唯一、日本人が常駐する同社の需要もまた高まる。「弊社ではISO規格全般を取り扱い、審査を通して経営者に“気づき”を提供する存在でありたいと考えています。外部の目を通すことで、会社のリスクヘッジに役立てて頂ければ幸いです」と同GM。今後は近隣諸国にもISOの普及を図り、経済発展に貢献したいと意気込む。

製品・商品・サービス概要

「公益財団法人 日本適合性認定協会(JAB)」をはじめ、複数の機関から認定を受けている

スタッフ紹介

伊藤GM(左)の他、法律や各産業分野に精通した12名の審査員が在籍。国際規格と照合し、専門家の視点で厳正な審査や改善指導を行う

在タイ歴34年の伊藤GM。タイの実情を踏まえた的確なアドバイスに、厚い信頼が寄せられる

連絡先情報

住所:

15th Fl., One Pacific Place, Room 1503, 140 Sukhumvit Rd., Klongtoey, Bangkok, 10110

GPS:

13.740208, 100.55432

電話番号:
メールアドレス:
Webサイト: