企業紹介

どれほどデジタルツールが普及しても、オフィスシーンに決して欠かすことのできないボールペン。リフィルを交換し、お気に入りを長く使い続ける人も少なくないだろう。高品質・高性能で知られる日本製は海外でも高く評価され、各メーカーでは新商品の開発に余念がない。

一方、タイでボールペンといえば安価に製造・販売される使い捨てが主流。そんなタイの常識に新風を吹き込むべく、2012年に進出したのが「三菱鉛筆」だ。

日本では「シグノ」「スタイルフィット」といった「uniブランド」でお馴染みの同社。タイでの主力商品はやはり、同社最大のロングセラー「JETSTREAM」だ。タイ国内向けに価格を抑えて販売した単色タイプが好評を博し、中間所得層を中心に徐々に認知度が向上。サンプリングや販売会など、地道な宣伝活動により販路を拡大している。「昨年もバンコク都内の学校でサンプリングを行いました。滑らかな書き味を特徴とする当社の商品を手に取り、学生のうちに長く付き合える文房具の魅力に気付いてもらえれば」と、現地法人の石河マネージングダイレクター(MD)。現在はリフィルの需要も高まり、“ボールペン=使い捨て”の意識が変わりつつあると、その手応えを語る。

また、「WEBや動画配信、フォロワー数の多いアンバサダー起用など、タイの市場に訴求する効果的なPRでブランド力の向上を目指します」と松田マーケティングマネージャー(MM)。個人ユーザーの他、企業向けにノベルティに最適な「名入れボールペン」の提案にも尽力。「uniブランド」が、タイでボールペンの代名詞になる日もそう遠くはないだろう。

製品・商品・サービス概要

単色、多色タイプ共に充実のラインナップ。UFMフジスーパーをはじめ、伊勢丹や東急デパート、LOFTでリフィルも購入でき、日本人愛用者にも喜ばれている

日本品質の優れたデザインと機能性を誇る「JETSTREAM」は、商談会での企業ノベルティとしても重宝

500本からの小ロットに対応し、シルク印刷やパッド印刷から選択できる「名入れ」が好評

スタッフ紹介

タイ人スタッフ5名と共に「uniブランド」の普及を目指す石河MD(後列右から2番目)と松田MM(同3番目)

連絡先情報

住所:

7th Fl., Unit 7C 29/1 Piya Place Langsuan Bldg., Soi Langsuan, Ploenchit Rd., Patumwan, Bangkok 10330

GPS:

13.742923, 100.5441916