BOLEとシグマックスをMETALEX2019で展示します。

日時:11月20日(水)〜23(土)、10:00〜18:00
会場:バイテックバンナー

https://www.metalex.co.th/en/home/
 

ブース:Hall 103 Booth BP19
「Richland Machine Tool Co., Ltd.」のブースにて展示いたします。

 
会場ではBOLEの射出成型機はBL230トンとシグマックスSX-910及びその他サポーティング付帯設備を展示します
 

成形機に関しては、実際に射出成形しているところをご覧いただけます。

  1. セントラルトグルシステムは世界唯一の特許である型締め機構は金型に優しく最適な型締動作
  2. リニアガイド導入による精度ある型締めの開閉及びその制御された位置
  3. 稼働プラテンがタイバーに接触していない、すなわち潤滑油が必要ない成形環境の清潔感
  4. 射出ユニットの安定したスクリュー制御

シグマックスに関しましては、成形品を取り出した後に取り出しロボットと連携して外観をチェックします。

  1. ショートショットやバリ等、成形品の規格外を検品
  2. OKの場合は取り出しロボットがコンベア上に置く
  3. NGが発生すれな、取り出しロボットがNG品置き場へ置き直す


2 プラテン 大型射出成形機 DK シリーズ (520〜6800トン)

企業紹介

2000年7月、総合設備商社としてタイで設立。

射出成形機・付帯設備のほか合理化機器等の販売を得意とする一方で、販売後のアフタサービスにも強みを持ち、19年という実績に裏打ちされた信頼の高さが、同社最大の武器と言えるだろう。

代表の西岡貴史氏は、培った製造業界の専門知識に加え、英語・タイ語など語学に強く、自ら交渉の間にも立つほど。

「現場の自動化・効率化は当然の時代です。求められるニーズも細かく、従来の大量生産ラインのほか、多品種・小ロットのラインなど、あらゆる現場を想定した提案ができるのも弊社の強みです」(西岡氏)。
 

例えば、世界基準となりつつあり、避けることのできないのが製造業の第4次産業革命「インダストリー4.0」だろう。

その一つとして、現場で求められるのが「自動化」だ。

精密カメラ監視システム異物検知装置など、従来の人の力では難しいライン構築の実績を積むとともに、環境配慮・省エネ・コスト削減など、企業として求められる時代の変化にも対応。

中でも、セントラル空調設備や圧縮空気の原動となる動力モーターの節電率では、平均50%以上削減の実績を誇るという。
 

 

スタッフ紹介

「日系企業の取引も多いので、日本の技術や文化に精通・熟知したスタッフが、皆様の“戦友”としてあらゆるニーズにお応えします。プロジェクトの遂行とその後の安定生産の継続を見守るのが我々の至上命題ですから」

一緒にビジネスを戦い抜く!」。それが、Go-For-It の創業以来の理念であり、西岡氏の信念でもある。

 

Company Profile

会社名

GO-FOR-IT CO., LTD.

事業内容

プラスチック射出成形機及び付帯設備に合理化機器の販売と設備の自動化や節電装置の提案等、そのアフターサービスの提供業務。

代表者名

西岡 貴史

メールアドレス
連絡先

081-831-4637(西岡貴史)

takashi@goforit.co.th


063-207-0252(タイ人)

Sales & Admin. Office

住所

2/44 H-Cape Sukhapiban 2 Road Prawet, Prawet , Bangkok 10250 Thailand

事業所概要

02-328-8334