「ホテル・ニッコー・アマタシティ チョンブリ」2021年に開業

「ホテル・ニッコー・アマタシティ チョンブリ」2021年に開業

アマタシティ・チョンブリー
工業団地にホテル建設

ホテルオークラ(東京都)の子会社でホテル運営会社であるオークラニッコーホテルマネジメント(東京都)はこのほど、2021年にタイ・チョンブリー県に所在するアマタシティ・チョンブリー工業団地内に「ホテル・ニッコー・アマタシティ チョンブリ」を開業する。

同社は、フジタ(東京都)、海外交通・都市開発事業支援機構(東京都)及びタイ現地企業 AMATA Corporationの3社が組成する現地プロジェクト会社と、ホテル運営管理契約を締結。同ホテルはバンコク市内中心部から南東約60kmの距離に位置する同工業団地の入口付近の約2万1000㎡の敷地で建設。地上13階、客室標準面積約32㎡、総客室数は約250室規模を予定する。ビジネス利用や、アマタスプリングをはじめとするゴルフ客を主たる顧客層と想定。付帯施設としては、ビジネスでの会食にも活用できる日本料理、オールデイダイニング等の飲食施設の他、会議や商品展示など多目的に利用できる利宴会場、長期にわたる宿泊でも快適に過ごせるように、ジムや大浴場を備えるという。

同ホテルは、タイにおけるオークラニッコーホテルズの3軒目。グループとして2020年までに、開業予定ホテルも含め100ホテルの運営を目指しており、特に成長が著しいアジアを中心に新規事業展開をしていく。