EECとは別にBOIでの恩典も!

EECの恩典は、EEC事務局が独自に付与する恩典ですが、実は、BOI(タイ国投資委員会)も、同地域をさらに発展させることを目的として EEC とは別に、(1)高度技術を使用する特定産業、(2)インフラ整備やロジスティクス整備事業、(3)観光地開発事業、(4)研究開発事業と技術分野をサポートするサービス業、への投資を重点的に誘致する方針で、これら対象企業に付与する恩典を追加しています。

【新たな4種類の恩典は以下の通り】
1.新たにプロジェクトを申請する企業で、かつ、EEC地域の工業団地に立地していることで、さらに5年間の法人税50%減税の権利を付与。現状、工業団地は3区分あり、本件は2019年12月末までに申請する必要があります。恩典内容も細分化されており、詳細は図を参照してください。
2.EECの特別促進地区で実施する戦略的プロジェクトの場合、特定産業競争力強化法により、最長15年の法人税免除と、補助金を付与。
3.重要性の高い投資プロジェクト実現のため、各組織の支援を統合すると共に、障壁となる規制を緩和。地域内の利便性向上のためのワンストップサービスも提供。
4.財務省の恩典として、EEC内に本社と施設を有する対象業種の企業の経営者、投資家、専門家に対して、個人所得税を 17%に軽減する可能性あり。

次は→
【5】日系企業の投資動向