• タイの展示会特集

    タイの展示会特集
  • 在タイ日系企業のお客様まわりをしていると、「海外赴任を希望する若い人材がいない」「後継者がいないため、自分の赴任期間が延びている」などの悩みをよくお聞きする。 転職が当たり前となった現代 中小企業だけの話ではない。自動車 […]
  • 日本食レストランの出店ブームの中でいくつか気づくことがある。その第一が、最近の日本人の貧しさである。高級日本食レストランのテーブル席に行くと、その多くはタイ人の金持ちで占められ、まぐろや直輸入のカニ、日本各地の特産牛のス […]
  • 日本貿易振興機構(ジェトロ)が発表した「2018年度タイ国日本食レストラン店舗数調査」によれば、タイ全土には3004店の日本食レストランがある。2014年には2000店舗であったことを考えると、4年の間に1000店舗も増 […]
  • 日本人の大きな誤解の二つ目は、タイを含めて世界のほとんどの国が階級社会を是認していることである。 今の政治混乱は支配者階級内の利権争い 自由・平等の象徴の国であるあのアメリカですら機会均等の平等を目指しているが、結果とし […]
  • 現代の日本人にとって、自由・平等そして民主主義は絶対的な価値のようである。これが実現出来ていない社会は未成熟社会であり、この三つの価値を否定すると人間扱いされなくなる。「ファシスト」「右翼」「共産主義」などあらゆる罵詈雑 […]
  • 平和慣れした日本人にはわかりにくいが、海外に行くというのは危険を伴って生きていかなければならないということである。日本では安全が“ただ”で手に入るが、海外に出れば決してそのようなことはない。言い古されたことではありながら […]
  • 海外に出た社員一人ひとりが自らの安全を考えて動けないような会社は、海外に出ていく資格はない。 タイは今や日本にとって一番近い国 韓国や中国の方が地理的には近くても、気持ちの面ではタイが最も近い国だと思われている。確かにタ […]
  • 階級社会の消滅した日本は戦後、民主主義を曲解し「結果としての平等」政策を推し進めてきた。弱者救済のもとに弱者に手厚い支援を行い、成功者に対する報酬を低く抑えてきた。 給与の別途支給―交際接待費 日本独持の終身雇用制度は、 […]
  • コンプライアンスの妄想に取りつかれた日本人にとって「リベート」は悪である。金は汚らわしいものとして扱われ、取引先との金品のやり取りは厳禁。一方で下火になったとはいえ、いまだ飲食やゴルフの接待は平然と行われている。 華僑の […]