カテゴリー
TSUBASAアライアンス

地銀連合主催の交流会で活発な商談

広域連携「TSUBASAアライアンス」に参画する地方銀行9行は5日、「バンコクビジネス交流会」を開いた。

メーカーから小売業まで幅広い業種の117社が集まり、新たなビジネスの可能性を模索。

特設ブースで計54件の個別商談を実施した他、会場でも各行がビジネスマッチングを促し、活発な商談が行われた。

参加行によると、今後ビジネスに繋がる可能性が高い商談件数は1社平均で2件程度。

参加企業からは「次回以降もぜひ参加したい」「個別面談では事前に互いの企業を把握できるので、非常に有効。

次回は今回以上に商談件数を増やして欲しい」との声が上がるなど、有意義な会となったという。

同アライアンスは千葉銀行、第四銀行、中国銀行が2015年に発足。

その後、伊予銀行、東邦銀行、北洋銀行、北越銀行、武蔵野銀行、滋賀銀行が参加し、現在の9行体制となった。

バンコクでの交流会は不定期で実施しており、今回で4回目。

今後は年1回、定期開催したいとの考えだ。