カテゴリー

アジア太平洋地域統括本部をタイへ移管

三菱ケミカルは4月1日付で、アジア太平洋地域の統括機能をシンガポール現地法人の三菱ケミカル・アジア・パシフィックから、タイ現地法人の三菱ケミカル(タイランド)に移管すると、2月28日に発表した。

アジア太平洋地域の中でもタイには同社のグループ会社が最も多く存在。

今後も高水準の成長が期待されるベトナムやカンボジア、ミャンマー、ラオスといった周辺諸国への事業進出が増えるとみられることから、現地で地域統括機能を強化する必要性が高まっているという。