カテゴリー
タイで初! アウトレットモール運営 「Central Village」事業に参画 【三菱地所グループ】

タイで初! アウトレットモール運営「Central Village」事業に参画

三菱地所グループは、タイ小売り最大手であるセントラルグループの100%子会社である大手商業デベロッパー「セントラル・パタナ」(以下、CPN 社)が開発した大型アウトレットモール「Central Village」の第一期事業への資本参画を決定。

26日に現地にて、CPN社と株主間協定書を締結したと発表した。

同グループはタイ国内にて住宅・オフィス事業を推進してきたが、アウトレットモール事業への参画は今回が初となる。

「Central Village」は、首都バンコクの玄関口であるスワンナプーム国際空港から車で約10分、都心部からは約45分と、アウトレットモールとして利便性・集客力の高い場所に位置し、今年8月31日にグランドオープンした。

約11万2960㎡の広大な敷地に、約150店舗からなる延床面積約40000㎡のモールを構える他、ホテルの開業も予定され、今後さらなるエリアの活性化が期待されている。

また、同アウトレットモールは今後増床・拡張が予定されており、世界的に知名度のあるラグジュアリーブランドをはじめ、ローカルブランドや飲食店舗等も充実させる計画だ。

同グループは、「日本国内において都心型・郊外型を含めさまざまな商業施設の開発・運営を行ってきた経緯がある。

CPN 社のタイ小売り市場におけるノウハウと、我がグループの日本で培った商業施設を始めとする街づくりの経験を融合し、今後の増床や拡張にも協力してまいります」とのこと。