競争力向上のためであること(タイにメリットあるプロジェクト)

現在のBOIでは業種や技術だけに留まらず、未来の競争力を高める企業(プロジェクト)に対して、つまりはメリットに対しても追加の恩典を付与しています。

メリットベースの恩典措置

国または産業に有益な活動に、更なる投資を促進するため、以下のプロジェクトにメリットベースの恩典が付与されます。
【競争力向上の促進のための追加恩典】
次の投資をする場合、追加恩典が付与されます
① 研究開発
② 委員会が認可する、技術・人材開発基金、教育機関、専門訓練センター、国内にある研究開発機関および科学技術分野の政府機関への寄付
③ 国内で開発された技術の知的所有権の購入とライセンス料
④ 高度な技術訓練
⑤ タイ国籍者が登録資本金の51%以上の株式を保有している国内の原材料・部品メーカー(Local Supplier)に対する技術訓練および技術支援
⑥ 製品およびパッケージデザイン:自社または国内における委員会に認可された他社への業務委託
追加恩典
【A】①~⑥の活動に関する投資・支出額が、最初の3年間における収入(売上)の1%以上、または絶対額で2億バーツ以上となる場合、法人税免除期間を1年延長させる
【B】①~⑥の活動に関する投資・支出額が、最初の3年間における収入(売上)の2%以上、または絶対額で4億バーツ以上となる場合、法人税免除期間を2年延長させる
【C】①~⑥の活動に関する投資・支出額が、最初の3年間における収入(売上)の3%以上、または絶対額で6億バーツ以上となる場合、法人税免除期間を3年延長させる
※グループA1およびA2の活動である場合、法人所得税免除期間は13年を超えない範囲で延長するものとする
法人税の追加免除
研究開発に基づく投資・支出については、その金額の200%、その他の活動に基づく投資・支出については、その金額の100%が法人税免除の上限額に加算される

メリットによる追加恩典

競争力向上のための追加恩典

競争力向上により追加恩典が受けられる業種

図表にある業種数値は「タイ国投資委員会ガイド2018・投資奨励業種リスト」から確認ください。
ダウンロードはコチラ

次は→
【BOIの認可を受けるにはどうしたらいい?】
【2-3】 地域格差を是正するプロジェクトであること