カテゴリー
東北観光推進機構

バンコク−仙台間の直行便運航に期待も!「バンコク・日本東北トップセールス 2019」

東北観光推進機構は8月27日、都内で観光プロモーション「バンコク・日本東北トップセールス2019」を開催。東北6県と新潟県の知事・副知事をはじめ、仙台市副市長や関連団体などの代表が一堂に会し、タイの観光業関係者らに向けて地元の魅力をPRした。
冒頭、同機構の小縣方樹会長は「今回は全7県の官民トップが一体となって来タイした。タイは東北が見習うべき観光先進国。世界のハブとして機能するバンコクを経由し、日本を訪れる外国人観光客は今後も増加するだろう」と挨拶。また、昨年のタイ人宿泊者数が東日本大震災以前の約8倍となる7万人超を記録したことを挙げ、さらなる観光促進に意欲を見せた。
来たる10月29日には、東北地方の空の玄関口である仙台空港にタイ国際航空の直行便も再就航予定。タイと同地方の相互交流は、ますます盛んになると見込まれる。