カテゴリー
大丸トレーディング

長期滞在希望者向けセミナーに80人「タイランドエリート」など解説

タイ政府による外国人居住プログラム「タイランドエリート」の正規代理店である大丸トレーディングなどは8月24日、バンコク都内で「タイ移住・長期滞在セミナー」を開催した。「タイランドエリート」は2003年に成立した法案を元に、タイ観光庁が外国人の長期居住を認める優遇特典付き会員制プログラム。メンバーには最長20年のマルチプルエントリービザが取得できる他、銀行口座開設、国際空港での特別待遇、90日レポート代行、メンバー専用コンタクトセンターによるサービス、デパートやレストランなどでの優遇割引など、さまざまな特典が付く。

セミナーでは、ゲストスピーカーがビザ取得の現状や住宅事情などを解説した。心友不動産の北浦洋二社長は「タイに長期滞在する際、賃貸で住むか、物件を買うか、メリットとデメリットをしっかり見極め、決断しましょう」とアドバイス。RyDEEN社の西岡良樹CEOは「2つの国で生活するデュアルライフでは、激変する社会環境の中でもリスクを最小限に、楽しみを最大化することができます。

日本人コミュニティが成熟しているタイは日本人にとって、もう一つの生活拠点にぴったりでしょう」と強調。プルックサージャパン行政書士事務所の安田貴広代表は「近年、ビザラン(滞在可能期間内に出入国を繰り返し、長期滞在する手法)への規制が強まっています。長期滞在するなら、正式なVISAが必要でしょう」と話した。

大丸トレーディングの大丸尚人氏は「(同プログラムの)申請手続きは所定の書類とパスポートのコピー、顔写真をEメールで送付するだけ。ご興味がありましたら、お気軽に当社までお問い合わせ下さい」と呼びかけた。